結婚式の外国人牧師って本物なの?

とてもよくある質問です。特に外国人牧師の場合、「六本木で声をかけて連れて来た外国人にアルバイトでやらせている」という噂を聞くみたいですね。正直に申しあげますと、正規の牧師ではない外国人牧師が、日本で結婚式を執り行っていることはあります。六本木で声をかけている云々は、真偽のほどはわかりません。

なぜそんなことが起こってしまうのでしょうか?それは、資格を持たない牧師を派遣する業者だけが悪いと言えなさそうです。弊社に外国人牧師のご依頼をいただく時、このようなご要望をいただくことがあります。

「白人のイケメンでお願いします」

嘘のようなお話ですよね。でもこのご要望は少なくなく、しかも規模の大きな結婚式場の方が多くなる傾向があります。結婚式がショー化してしまい、牧師もモデルのような人をリクエストする。キリスト教式の本来の意味を忘れてしまっているのか、元々そこに興味がないのか。

キリスト教信者でなくても、日本ではキリスト教式の結婚式が挙げられます。せっかく牧師の話を聞ける良い機会です。見た目で牧師を選ぶのではなく、自分たちの誓いを交わす場面に立ち会うというご縁がある牧師からのメッセージを真摯に受け取ってほしいと、私たちは願っています。


弊社ではもちろん、本物の牧師だけが所属しています。面接の段階で資格保持者、もしくは相当のトレーニングを受けているかどうかを確認しています。安心してご依頼ください。

関連記事

  1. バイリンガル司会ってどんなもの?

  2. 式次第って何?